人気ブログランキング |

Our Cozy Life -Let's make it happen- kukkamaki.exblog.jp

心地よい暮らしをめざして日々の生活を綴ります


by kukka
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

It's spring!

ここ2、3日暖かくて穏やかな日が続きました。
少しづつ春が近づいているのを感じます。
f0327950_20044003.jpg
我が家のヒヤシンス、今年は水栽培に挑戦してみたのですが
きれいに咲いてくれました!とっても良い香りがするので癒されてます。

明日は二十四節気の小寒、大寒、立春と過ぎ、4番目「雨水」です。
空から降るものが雪から雨に変わり氷が解けて水になるという意味で
農作業の準備を始める目安とされてきたそうです。
またこの日にお雛様を飾ると良縁に恵まれるということで
明日は土曜日ですし家族みんなでお雛様を飾るお宅も多いのではないでしょうか。
f0327950_20045434.jpg
毎年恒例、我が家の兎雛、今年も雪洞に見立てたお花と一緒に。
実は立春が過ぎて早々に飾りました。
雨水の日を待っているとお雛様を飾る期間が意外と短いのと
我が家は良縁を気にする理由がないので(+_+)

そして今年はこんなお雛様も・・・
f0327950_20050947.jpg
これ、雛あられなんですけどテトラポット型のパッケージに
お内裏様、お雛様、三人官女、などプリントされているんです。
f0327950_20054857.jpg
ティッシュボックスで階段を作り雛祭り柄の手ぬぐいを緋毛氈代わりに
雛あられを飾ってみました。簡単雛飾りの出来上がり♪

天気予報では週末はまた寒くなる予報でしたが
三寒四温で少しづつ春に近づく季節の変化を楽しんでいけたらと思います。


by kukkamaki | 2017-02-17 20:00 | 住まう
昨日はヴァレンタインデーでした。
最近のヴァレンタインチョコは本命チョコの他、
義理チョコ、友チョコ、ご褒美チョコなどいろいろ。
今年は私も一応ダンナさん用に本命(?)チョコと
ツインズ子育て中の妹にお疲れ様チョコ、
いつも何かとお世話になっている実家の父、
何にもしてないけど自分へのご褒美チョコ、
ただ食べたいだけなんですけどいくつか買ってきました。
ちょうど「マツコの知らない世界・楠田枝里子のチョコレートの世界Part2」を
観た直後にお買い物に行ったので即影響されてます( *´艸`)。

こちらはダンナさんが職場でいただいた義理チョコ。
f0327950_20035512.jpg
そしてこちらがダンナさんからのミニバラとプリムラの寄せ植えバスケット。
f0327950_20042347.jpg
仕事の帰りに遅くまで営業しているホームセンターまで買いに行ってくれたそうです。
前日にテレビ番組でみたフラワーヴァレンタインのことをそれとなく伝えた私。
催促した感満載ですが・・・ありがとうございます!

今日は早速私のご褒美チョコ、食べちゃいました。
今日は衣類の整理を頑張った(自分比)ので自分で買ったオレンジェを食べました。
チョコレートとフルーツの組み合わせ大好きです。
明日も続きの衣類整理、頑張ります(*^^)v。


by kukkamaki | 2017-02-15 21:00 | 雑記

お稽古 2月

まだまだ寒い日もありますが、立春も過ぎて少しずつ春が近いづいてきています。
日本茶教室2月のお稽古は春らしい桃の節句に因んだお話でした。
f0327950_20204513.jpg
《日本茶》
 ・玉露(京都宇治産)
f0327950_20214446.jpg
 今回は小山園さんの「玉露紫雲」というお茶。
 忘れないように玉露の淹れ方を記録。
  茶葉:5g(1人で飲む場合)
    :2g(2人以上で飲む場合の1人分)
  湯の温度:1煎目40℃、2煎目60℃、3煎目80℃
  浸出時間:1煎目2分、2煎目1分
  玉露を宝瓶を使って淹れ小さな湯飲みでいただきます。
  宝瓶は持ち手がなく蓋に茶こしが付いています。
f0327950_20205579.jpg
f0327950_20210794.jpg
f0327950_20212045.jpg
 こんな風に蓋の部分に茶こしが付いています。

 さて、そのお味。
 鮮やかな緑色からはちょっとギャップのあるお出汁のような深いお味でした!
 この写真の茶葉、見るからにおいしそうで
 思わず「美味しそうな緑色」と呟いてしまったところ、
 なんと茶葉を食べることもできるそうなんです。
 お醤油を付けてお浸しのようにいただきました。
 これが柔らかくて美味しい!ご飯のお供になります。

《和菓子》
 ・桃の和菓子(ういろう生地)
f0327950_20213223.jpg
 ほんのりピンク色の白あん入りです。
 このレシピは白玉粉と上新粉を使っているのでお餅の弾力もありつつ
 スッと黒文字も入り食べやすかったです。
 雛あられと一緒に。
f0327950_20215974.jpg
《お稽古事》
 ・桃の和菓子作り
 ・小さくして楽しむ日本の文化

 日本文化には小さくして楽しむという嗜好があって
 その一つに茶の湯の携帯用の茶箱があるそうです。
 お茶を立てるお道具だけでなく掛け物もミニチュア仕立にしたものもあるとか。
 桃の節句、お雛様のお道具もミニチュアだけど本物の漆を使ってたり、
 日本人って本当に風流で、ちょっとしたことにも手間をかけたりして。
 素敵な文化だなと思いました。
f0327950_20221879.jpg





by kukkamaki | 2017-02-08 20:00 | 趣味・習い事
昨年6月に婚約を発表されていたフィギュアスケーターの鈴木明子さん。
私の大好きなスケーターのおひとりです。
                          (画像お借りしています)
f0327950_19512358.png
2月1日にご結婚されたそうです!
現役時代からいつも素敵なコスチュームだった明子さん。
懐かしいコスチューム、white系を厳選してちらりと・・・

                              (画像お借りしています)
f0327950_19475757.jpg

                         (画像お借りしています)
f0327950_19474132.jpg

                                (画像お借りしています)
f0327950_19472889.jpg

式は親族だけで海外で、披露宴は未定?というニュースでしたが
明子さんのウエディングドレス姿、素敵でしょうね~。
明子さんご結婚おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに!



by kukkamaki | 2017-02-07 22:00 | お気に入り

Number Web (2/1) の記事を読みました。

「フィギュアスケートに恩返しを」小塚崇彦が語る、新たな出発の決意。



フィギュアスケーター小塚崇彦選手が「氷上を去る」という言葉とともに

引退発表した時は本当にびっくりしたしショックでした。

小塚選手ほどの選手ならば引退しても指導者になったりアイスショーに出たりと

何かしらスケートに携わっていくに違いないと思っていたからです。



氷上を去る、ということはスケートに関わることは一切ないということ。

当時、引退のお話とともにスケート以外のことでいろいろ取りざたされていたことが

影響しているのか、真相はわかりませんでしたが、

もしそれが原因でスケートを辞めてしまうのだとしたら本当に残念だと思っていました。



でも今回の記事によると新たな形でフィギュアスケートの世界に戻ってきてくれるようです。

またあの素晴らしいスケーティングが観られるかもしれない、本当に嬉しいニュース!

企業に就職し結婚もされて社会人としての経験がこれからスケートに携わっていく中で

新たな魅力を増した小塚選手(とお呼びしたい)のスケートが観られるかもしれません。

これからまたフィギュアスケートの世界が楽しみです。



詳しい内容は記事で

Number Web:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170201-00827355-number-spo





by kukkamaki | 2017-02-02 20:00 | お気に入り