Our Cozy Life -Let's make it happen- kukkamaki.exblog.jp

心地よい暮らしをめざして日々の生活を綴ります


by kukka
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

6月のお稽古

一気に真夏のような暑さが続いていますが
今月の日本茶&和菓子のお稽古は
この時期にぴったりの暑中お見舞いカード作りでした。

市販のはがきと折り紙や千代紙を使って季節のご挨拶に一工夫します。

f0327950_16062316.jpg
画面が光って見づらいですが、いきなり完成!
夜空に広がる花火です。伝わりますか???

f0327950_16063912.jpg
こちらは先生作のお手本。

なんか違う・・・?

千代紙を丸く切るのも▲をとがらせて切るのも
シンプルな作業なのですが意外にも難しい。
というかワタシの不器用さと雑さがもろに出てますね(笑)。

自分で作ったことに意義有り、
ということで新居ができたら玄関に飾りたいと思います。

「7月の~和暦のある暮らし~」では
山開き、七夕、土用の丑、等お馴染みのものからまた新しい言葉を学びました。

7月2日頃の「半夏生(=はんげしょう)」。
半夏の生える頃の意味ですが、半夏とはドクダミ科の多年草のことで
「天から毒が降り、地から毒草が生える」という言い伝えがあり、
農家ではこの日までに田植えを終わらせる習慣があったそうです。

7月15日の「中元」。
中国の三元という風習で
1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元としてお祝いしていたものが
中元のみ日本に伝わったそうです。
お中元の贈り物は7月初旬から15日までに贈るのが一般的で
一度贈ったら毎年贈るのがマナーだとか。

さてさて、お楽しみの和菓子はこちら。
f0327950_16065806.jpg
「ぼたん」です。牡丹の花の花芯まで表現されていて美しいです。
f0327950_16070965.jpg
中も白色、薄ピンク色、白色の層になっています。
白餡仕立てでお味も甘すぎず美味しかったです。

日本茶は福岡の八女茶と埼玉の狭山茶のそれぞれ新茶の飲み比べ。
f0327950_16072007.jpg
狭山茶の方が火を入れる時間が長いそうで少し香ばしく具神のあるお味でした。
見た目にも色の濃さや茶葉の様子でそれが解ります。
今日のぼたんには八女茶の方が合ってたかな~と個人的な感想です。
暑い時期に温かいお茶を頂くと体がさらに潤う気がしました。

来月のお稽古も楽しみです!

by kukkamaki | 2014-06-18 08:00 | 趣味・習い事