Our Cozy Life -Let's make it happen- kukkamaki.exblog.jp

心地よい暮らしをめざして   日々の生活を綴ります


by kukka
プロフィールを見る
画像一覧

お稽古 4月

日本茶教室では一か月先の季節を想定した内容でお稽古しています。
なので今月は5月のイメージで先生がコーディネイトしてくださった
牡丹の花のマット。
黒い御膳にピンクの牡丹が映えて美しいです。
f0327950_18282395.jpg
《日本茶》
 ・京都産宇治茶「萬福茶」(濃口煎茶)
  湯の温度:80℃
  蒸らし時間:1分

萬福茶は濃い口というだけあって湯を注ぐ前の茶葉も濃い緑色で少し細かい茶葉に見えました。

5月といえば新茶!なのですが、茶葉の新芽を摘み取る八十八夜が今年は5月2日。
来月のお楽しみです。
ちなみに新茶を使った抹茶は摘んだ茶葉を蒸した後、
揉まずに乾燥させた茶葉「碾茶」を茶壷に入れて
半年寝かせた後に挽いて作るので秋頃に出回るそうです。
そちらも楽しみです。

《和菓子》
 ・碾茶とチョコチップ入りクッキー

f0327950_18283668.jpg
抹茶入りの生地に濃い緑色に見えるのが碾茶です。
店頭ではなかなか見る機会がない「碾茶」。
揉まずに碾茶乾燥させた碾茶はぱっと見た感じでは
まるで青のりのように見えます。
うっすら白く見えるのがホワイトチョコチップです。
普通のチョコチップでも作れますが
今回の抹茶生地には白い方が見た目にも爽やかということでホワイトチョコでした。
f0327950_18285246.jpg
一緒に写っているのは金鍔。
本来の金鍔は日本刀の鍔のように丸く平らな円形のものですが
最近は四角形の金鍔もよく見かけます。
今回は、5月→端午の節句→鎧飾り→武士→日本刀→鍔、
の発想で先生が選んでくださったのでした。

《お稽古ごと》
 ・碾茶とチョコチップ入りクッキー作り
 ・「唐衣」「八十八夜」のお話

杜若(かきつばた)を模した「唐衣(かきつばた)」という5月を代表する和菓子があるそうです。
       
唐衣(らごろも) つつなれにし ましあれば るばるきぬる 旅(び)をしぞ思ふ    
                                在原業平(伊勢物語)


この歌の頭文字から「か・き・つ・ば・た」となることから唐衣=杜若となったそうです。
今回は古典の勉強にもなりました。
いつも感じていることですが昔の日本人って本当に風流です。

先生が
「お抹茶が入っているので本当は遮光しなきゃいけないのですが
 つい使ってしまいました」と小窓が付いているバックで
お土産のクッキーをラッピングしてくださいました。

f0327950_18290469.jpg
写真の後ろの方に小さくうっすらと映っているのが
先生が説明してくださった唐衣の和菓子です。


[PR]
# by kukkamaki | 2017-04-18 20:00 | 趣味・習い事

新年度スタート

早いもので今日から4月。
我が家は生活環境など特に変化はないのですが
新年度から地域のお仕事(内容は省略)を仰せつかったこともあり
しばらくの間忙しくなりそうです。
地域のお仕事は何事も初めてで緊張していますが
皆様のご迷惑にならないよう頑張ります。

特別変わったことがなくても4月の新年度スタートは
何となく気持ちが引き締まり、お年始に立てた今年の目標など
改めて見直したりする良い機会です。

今年の目標・・・
毎年同じようなことを掲げてる気がしますが
家の中をすっきりさせ日々の生活を快適にすること。
そうすることで心にゆとりを持って充実した生活ができるように
この家に引っ越ししてから少しづつ、亀の歩みで進めている
家中の整理整頓を継続していきたいと思っています。
もう少しスピードアップできたら良いのですが。
f0327950_19440667.jpg
整理整頓と言いつつ、
先日衝動買いしたムーミンパパ&ママのフィギュアとライト。
いつもの玄関スペースに飾って楽しんでいます。
写真ではわかりづらいのですが、手、足、しっぽ?などちゃんと動きます。
パパ&ママをお雛様のように飾ろうと思って購入したのですが
やっぱり一年に一度ではちょっとさみしいので存在感のある場所に
しっかり飾ることにしました。
一つ問題は、ニョロニョロの扱いが難しいこと。
小さすぎてちょっと触れるとすぐ倒れちゃうので
そぉ~っと手から離して置くようにしています。

こうやってみると、ムーミン&フローレンこと、スノークのお嬢さんや
ムーミンハウスのフィギュアも欲しくなっちゃいますね。


[PR]
# by kukkamaki | 2017-04-01 20:00 | 雑記

塩原温泉おやど小梅や

(※なぜか装飾解除できないため一部太字になっています)


今月も祝日があったので連休に温泉一泊旅行に行くことができました。

今回は塩原温泉へ。
宿泊先は「おやど小梅や」さんです。(公式HP:おやど小梅や)

まずはおやどの顔、蔵ラウンジでチェックインしました。
f0327950_17112527.jpg
こちらでウエルカムドリンク?としてお茶と苺のお菓子を頂きました。
(残念ながら写真撮り忘れました。)
f0327950_17165112.jpg
三月三日の雛祭りは過ぎていますが、寒い土地柄
まだお雛様を楽しむことができました。
どれも少しづつお顔の表情や装束が違って
とっても古いもののようでした。
f0327950_17171099.jpg
f0327950_17174967.jpg
f0327950_17172977.jpg
蔵の天井部には歴史を感じる文字。
f0327950_17181734.jpg
本来ならこちらの蔵ラウンジでお食事できるそうですが
先着2組までということですでに予約されていて私たちはお部屋食。

私たちのお部屋は203号室の香栄草というお部屋。
後で知ったのですが、このお部屋は2月に和室から和洋室にリニューアルしたばかりだそうです。
(HPのお部屋紹介のページでもまだ和室のお部屋の写真になってました。)
f0327950_17123327.jpg
こちらのお宿は全室6部屋ですべてのお部屋に梅の別称にちなんだ名前が付いているそうです。
「好文木」「春告草」「風待草」「木の花」「初名草」「香栄草」
初春に最初に咲く花として春告げ草というのは聞いたことがありましたが
梅の別称がこんなにあるなんて知りませんでした。

蔵ラウンジでお食事ができないのはちょっと残念でしたが
f0327950_17115629.jpg
こんな感じで炬燵テーブルがあってこれはこれで暖かいし他のお客さんを気にせず
ゆっくり食事ができるのでなかなか良かったです!

f0327950_17185046.jpg
すごく立派なメニュー表。
お料理は「早春の恵み膳」というタイトル。

まずは食前酒の梅酒。
f0327950_17581002.jpg
f0327950_17191634.jpg
パッと見た時、デザート?と思ったら先付の苺のクリームとうふかけ
実は苦手な白和え、ですが
良い意味で白和えっぽくなくて美味しくいただけました。
f0327950_17210636.jpg
春らしい和え物、木の芽和え。

f0327950_17200762.jpg
酢の物として、かんぴょう、なす、うるい、はっさくが入った胡麻酢和え。
f0327950_17202773.jpg
前菜のバーニャカウダはグレープフルーツ味噌ソースでいただきます。
グレープフルーツソースの味噌ソースも初めてでしたがさっぱり味でいくらでも野菜が食べられます。
f0327950_17193792.jpg
汁物はキノコの酸辣湯。
f0327950_17243228.jpg
焼き物の岩魚の塩焼き。
f0327950_17195300.jpg
煮物は華だんご。中は紫芋のお団子になっていました。

f0327950_17204993.jpg
蒸し物のお野菜はポン酢、ウニマヨネーズ、雪塩の三種類から好みの味付けで。
バーニャカウダでたくさんお野菜を頂いた後でも蒸し野菜はまた違った味と食感。
こんなにたくさんの種類のお野菜を一度に食べたのは初めてです。
f0327950_17214378.jpg
f0327950_17240750.jpg
大皿料理のサーロインステーキ。
お野菜だけでなくちょこっとお肉も食べられて嬉しい。お肉はこれくらいの量がちょうど良いです。

f0327950_17245273.jpg

デザートは普通?かと思いきや、春キャベツのババロア。うっすらとグリーン色になっているのがキャベツの色。
食べてみるとちゃんとキャベツの味がします。

f0327950_17251995.jpg
こちらは楽天で予約した特典の一つ、マンゴーのパフェでした。
f0327950_17254488.jpg
こちらは朝ごはん。
朝ごはんもお部屋で頂きました。
f0327950_17260163.jpg

f0327950_17261981.jpg
f0327950_17265512.jpg
自家製カスピ海ヨーグルト。
f0327950_17302537.jpg
肝心の温泉ですが、チェックインから夕食前までは自由に大浴場で入りますが
夕食以降の時間帯はおよそ45分間づつの予約貸し切り体制になります。
けっこう忙しいかなと思いましたが、全室6室のお宿なので
込み合うこともなく貸し切り時間帯もゆっくり温泉に入ることができました。
温泉付きのお部屋もあるせいか私たちの滞在中、一度もほかのお客さんに会うことがありませんでした。

名前の通り、お宿の至る所に梅のデザインがあったり
女性好みのお料理の数々・・・
仲居さん達も親切で心地よく過ごすことができました。

強いて一言うならば、蔵ラウンジで食事をしなかったこともあり
蔵ラウンジなどパブリックスペースをゆっくり見られなかったことぐらいです。

また素敵なお宿を見つけた感じです。






おまけ・・・宿に行く途中に立ち寄った東那須野公園の梅。
f0327950_17313906.jpg
f0327950_17304911.jpg




[PR]
# by kukkamaki | 2017-03-28 20:00 | 旅行