Our Cozy Life -Let's make it happen- kukkamaki.exblog.jp

心地よい暮らしをめざして日々の生活を綴ります


by kukka
プロフィールを見る
画像一覧
団体戦男子FS。
田中刑事選手はいつも彼の演技ができなかったです。
男子は4回転ジャンプが入らないと得点に大きな差がついてしまうので
焦ってしまったのかなと。個人戦ではいつもの切れのあるダイナミックな
ジャンプを期待したいです。
アメリカのリッポン選手、28歳で初出場とはいうけれど
本来ならオリンピック経験者であってもおかしくない実力を
持った選手です。今回出場できなかったアシュリーの分も
頑張ってくれたなと思います。個人戦も楽しみです。

団体戦女子FS。
ミライ・ナガス選手。すごく身体を絞ってきていて
調子の良さを感じました。3A完璧でしたね。
ミス・サイゴン最高の出来でした!
今日は良い時の未来ちゃんがみられてほんとに良かったです!
坂本選手、出てきた時から少し緊張しているような硬い表情。
冒頭のフリップがコンビネーションにならなくて予定通りの
演技はできなかったですけど、後半のジャンプにトーループをつけて
挽回できているしミスではないと思うので・・・
個人戦ではいつもの天真爛漫の彼女らしい演技をみせてもらいたいです。
コストナー選手。
以前の牧神の午後とは違うコスチュームもとてもよく似合っています。
オーバー30とは思えない技術と表現力、
逆に経験を重ねた彼女だからこそできる演技でした。
本当に素晴らしいです。

団体戦アイスダンス。
村元・リード組。坂本龍一メドレーでしっとりと素敵な演技でした。
観客が引き込まれて見入ったステップでクリスが転倒してしまい
少し残念でしたが後半、転倒したことを忘れてしまうくらい良い雰囲気でした。
カッペリーニ・ラノッテ組。
いつもドラマティックなプログラムでみるのが楽しみなカップル。
今回もリフトがとても良かったです。
最後のキメポーズでラノッテが勢い余ってちょっとグラッとした?と
思ったけど大丈夫でした。
ボブロワ・ソロヴィエフ組。
ボブロワって髪の色やスタイルでだいぶ雰囲気が変わるので
毎回ハッさせられます。圧巻のローテーショナルリフトでは
回転速度が速すぎて見逃してしまいそう。
演技最初のポーズに最後はしっとりと戻って観客は夢をみているかのようでした。
シブタニズ。
ストレートラインリフトでのマイアのポジション変化が素晴らしかったです。
男性にリフトされながらの移動って相当な筋力がなければ
できないと思うのですがぶれることなく完璧に仕上げています。
もともとトゥイズルには定評のある二人ですが今日も素晴らしかったです。
ヴァーチュー・モイアー組。
貫禄のムーランルージュでした。
どのリフトも入り方が大胆でこんなことできるの?と思ってしまいます。
もちろん、リフトの出も工夫のあるポジションです。
完璧すぎる!団体戦でこんな演技しちゃっていいの?
個人戦はさらなる素晴らしい演技を期待しちゃいます。




[PR]
# by kukkamaki | 2018-02-12 14:00 | 趣味・習い事
昨日の団体戦ペア。
須崎・木原組、最初のソロジャンプはとてもきれいに決まりましたが
スロージャンプの転倒など残念でした。でもこの経験をプラスに考えて
個人戦でも頑張ってほしいです。
印象的だったのはイタリアのマルケイ・ホタレック組。
最高の出来でした!シングルの時から表情豊かに滑るマルケイ選手は
同じイタリアのコストナー選手と違うタイプの魅力的な選手。
ソチではシングルに出場して4年後の平昌ではペアで出場するだけでも
素晴らしいことなのにあの演技ができるとは!

そして女子。
宮原選手の回転不足での減点が本当に残念です。
人間が採点する競技って・・・すっきりできない時もあります。
表現力豊かにサユリの世界を演じていたので
気持ちを切りかえて個人戦でも頑張ってほしいです!
それにしてもメドベージェワのパーフェクト過ぎる演技が
凄すぎます。個人戦でも最高得点出るに違いないですね。

[PR]
# by kukkamaki | 2018-02-12 12:00 | 趣味・習い事
いよいよ平昌オリンピックが始まりました。
フィギュアスケートファンとしては
最大の楽しみ、4年に一度の冬季オリンピックです。

開会式前に始まった団体戦。
10か国の中から得点ではなく順位によるポイント制で
上位5か国がFSに進めます。

まずは男子SP。
日本の宇野昌磨選手、103.25でダントツの1位でした。
他の選手が「オリンピックの魔物」に襲われたかのような演技の中、
宇野選手は特に何も感じなかったそうで
「全日本の時の方が緊張した」というのには思わず笑ってしまいました。
団体戦に出場することで個人戦への調整が難しくなる、という懸念もありましたが
宇野選手にはかえって良い前哨戦になったのかもしれません。

そしてペアSP。
須崎&木原組。
すごく良かったです!
オリンピック初出場の須崎選手がどんな演技をするかちょっと心配だったのですが
試合を観るたびにうまくなっていてオリンピックでも成長してる!と思いました。
ユーリ!On Iceの素敵なピアノ曲に合わせてしっとりとでも力強く良い演技でした。
二人のユニゾンがとても良くて「心の琴線」を揺らされました。
上品なグリーンのコスチュームも素敵でした。

この勢いでアイスダンス、女子も頑張ってほしいです。
団体戦での表彰台も期待しています!(^^)!



[PR]
# by kukkamaki | 2018-02-09 22:00 | 趣味・習い事